若い頃よりも毛や肌がデリケートなアラフォーこそムダ毛処理はカミソリで!

「アラフォー世代は、若いころよりも毛や肌がデリケートになっているのでケア方法を変えるべき」と話すのは秋葉原スキンクリニックの堀内祐紀医師。
できるだけ肌に負担をかけず、仕上がりもきれいなのは、なんと基本の「かみそりでの処理」だそう。お手入れ前後に行うべきプレケアを含め、アラフォー世代にぴったりのムダ毛処理法を教わりました。

ただし、妊娠中や生理2週間前あたりの排卵日前後、体調がすぐれないときなどは、肌が刺激に過敏になっている時期。肌トラブルを起こしやすいので、この期間のお手入れは避けてくださいね。
出典:https://esse-online.jp/health/64241

 

かみそりを使った基本のムダ毛処理

 

①ホットタオルやかけ湯で肌を温める

まず、そる前に肌を温めます。室内でお手入れをする場合は、処理する部分にホットタオルを30秒ほど当てましょう。入浴時なら、かけ湯や少し熱めのシャワーをさっと浴びて。肌は、温まることで毛穴が開き、毛自体もやわらかくなるので、そりやすい状態に。

 

★湯船につかりながらはNG

湯船につかりながらの毛ぞりは、肌がふやけて深ぞりしやすくなります。カミソリの刺激で細かい傷ができ、雑菌が入るなどトラブルの原因に。

 

②シェービング剤や石けんの泡で肌を保護する

そる直前に、必ずたっぷりのシェービング剤や石けんの泡などを塗布し、処理する部分の肌をしっかりと保護します。浴室外でお手入れする場合は、油分が多めのボディクリームなどを使ってもOK。カミソリの滑りもスムーズになるため、肌の負担が軽減します。

 

★油分のない化粧水はダメ

化粧水はほとんど水分なので、肌の保護剤や潤滑油としては不十分。油分をたっぷり含んでいる、こってりとしたクリームなどがおすすめ

 

③毛流れの方向に優しくそる

できるだけ肌に負担をかけないよう、毛が生えている方に向かって優しくそっていきます。根元からそれるからと、逆ぞりするのはNG。毛流れに逆らってそると、毛と一緒に皮膚まで引っぱられたり、肌表面の角質が必要以上にはがれてしまい、肌荒れや乾燥の原因にも。

 

★毛流れに逆らうと埋没毛の原因に

埋没毛とは、肌の表皮の下に毛が潜り込むこと。毛流れに逆らってそると深ぞりになり、埋没したまま毛穴がふさがって、黒くポツポツし、ザラついた肌になってしまいます。抜いた場合も同様のリスクが。

 

★強い力でそると黒ずみの原因に

深くそろうとカミソリを強く押し当ててしまうと、肌が刺激され炎症を起こします。すると、肌内部は刺激から守るためにメラニンの活動が活発に。メラニンが色素沈着を起こすことで、黒ずみを招く原因に。

 

★一度に何回も同じところをそると肌にダメージが

そり残しをなくそうとしてやりがちな失敗が、何度も同じ場所をそる重ねぞり。そるたびに肌が刺激されるため、肌荒れや黒ずみなどトラブルのもとになります。できるだけ、一部位を少ない回数で処理しましょう。

 

★古いカミソリの刃は肌を傷つける

サビたりこぼれた刃でそるのは、肌をどんどん傷つけているだけです。毎日使用しない分、劣化に気づきにくいですが、切れ味が少しでも落ちたと感じたら交換を。また、保管はサビないように乾燥した場所に。

 

④ホットタオルでふき取るか丁寧に洗い流す

処理後は肌に残ったシェービング剤などをホットタオルで丁寧にふき取るか、浴室ならぬるめのお湯で洗い流します。肌が弱い人やカミソリ負けを起こした場合は、冷やした濡れタオルを肌に当てて沈静化させましょう。

 

★流したあと石けんで洗わない

ムダ毛処理後の肌はデリケートになっています。石けんでゴシゴシ洗ったり、熱い湯船につかるなど、肌の刺激になることは避けて。

 

⑤処理後はとにかく保湿を徹底する

乾いたタオルで優しく水気をふき取ったら、肌荒れや乾燥を防ぐために、化粧水やクリームなどをたっぷり使ってしっかり保湿ケアをします。ただし、肌は乾燥しデリケートな状態になっているため、初めて使う化粧水などは避け、できるだけ低刺激のものを使用して。

 

ムダ毛の自己処理でできた”埋没毛”は放置すると黒ずみの原因に!

埋没毛(まいぼつもう)とは、皮膚の中に埋もれてしまった体毛のこと。埋もれ毛とも呼ばれます。

体毛は通常、毛穴から皮膚の表面に出てきます。しかし、何らかの原因で毛穴が塞がれてしまうと、毛が皮膚の表面に出てくることなく皮膚の中で成長してしまうのです。

埋没毛は、毛が生えている部位ならどこでも起こりうる肌トラブルですが、特に太くて硬い毛が生えている部位、皮膚が柔らかい部位にできやすい傾向にあります。
具体的に言うと、腕や足、ワキの下、デリケートゾーンなどは埋没毛ができやすい部位と言えます。

 

埋没毛ができる原因はムダ毛の自己処理?


出典:https://lab.datumou.news-postseven.com/ingrown-hair/

埋没毛ができる原因で一番多いのが、ムダ毛の自己処理だと考えられています。

例えばカミソリでムダ毛を自己処理すると、毛だけでなく肌の表面にある角質までそり落としてしまい、乾燥や肌荒れを引き起こす可能性があります。
また、毛抜きで毛を無理やり引き抜いてしまうと、毛根を傷つけ、毛根の周りの皮膚にまで悪影響を与える可能性があります。抜く途中で毛が切れてしまい、そのまま埋没毛になることもあります。

肌が乾燥すると、ダメージをそれ以上大きくしないように肌の新陳代謝を遅れさせる作用が働きます。肌の新陳代謝が遅れると古い角質がため込まれ、肌が分厚く・固くなっていき、毛穴を塞いでしまうのです。

こうして体毛が毛穴から出られなくなってしまうことで、埋没毛となってしまうのです。

 

埋没毛は治せる?

皮膚が正常な状態であれば、埋没毛は放置しても問題ありません。

皮膚は1~2か月の周期でターンオーバーを繰り返していて、皮膚が生まれ変わると同時に毛穴が正常に戻ります。埋没していた毛も、自然と皮膚の表面に生え出てるか、皮膚内で分解されて押し出されます。
つまり、埋没毛は時間の経過で元の状態に治るので、基本的には特別なケアは必要ないと言えます。

 

埋没毛を放置できないケース

埋没毛の周りの皮膚が赤くなっていたり、腫れ・しこり、痛みやかゆみがある場合は、毛嚢炎などの皮膚疾患になっている可能性が高いため、治療が必要になることがあります。

毛嚢炎は放置すると色素沈着を起こし、黒ずみの原因となります。なるべく早めに皮膚科を受診することをおすすめします。

 

埋没毛を何とかしたい!自宅でできる対処法&予防法は?

埋没毛を早く何とかしたくて、無理に引き抜いた経験がある方も多いのではないでしょうか。

埋没毛を無理に引き抜くと、高い確率で再発するだけでなく、炎症や化膿を引き起こしかねないので、抜かずに正しい方法で対処する必要があります。

 

角質ケアで埋没毛を改善

埋没毛の対処法としておすすめなのが、スクラブやピーリング作用があるスキンケアを定期的に行うことです。角質ケアをすることで皮膚のターンオーバーが促され、埋没毛も自然に改善されていきます。

ただし、スクラブやピーリングは頻繁にすると逆に肌の乾燥を招いてしまうこともあるので、毎日ではなく週に1~2回に留めておくことが大切です。

 

ムダ毛処理後の保湿は必須!

乾燥して肌が硬くなってしまうと、毛が皮膚の表面に出にくくなってしまいます。埋没毛をなるべく早く治したいという方は、日頃からしっかりと保湿をすることが大切です。
ムダ毛を自己処理した後は、保湿クリームやローションでしっかりとケアするようにしましょう。

保湿は埋没毛の対処だけでなく予防にも効果的です。保湿により肌に皮膜ができると、ムダ毛処理をしても肌への影響を最小限に留めることができます。スクラブやピーリングの後も肌が乾燥しやすいので、充分に保湿しましょう。

来年の夏こそムダ毛のない肌に!脱毛を始めるのは秋冬からが最適

毎年夏が来るたびに「脱毛しておけばよかった・・・」「処理がめんどくさい・・・」などと感じたことはありませんか?
秋・冬は長袖を着用するのでムダ毛が目立たず、夏になると毎年「脱毛しておけばよかった!」と後悔してる方も多いはずです。
来年の夏こそ無駄毛のない綺麗な肌になるために秋・冬から準備しておきましょう。脱毛を開始するには秋・冬は最適な時期なんです。

秋・冬から脱毛を開始するおすすめな理由

 

夏に向けてムダ毛のない肌を目指すには時間が必要

夏直前から脱毛に通い始めても一番大切な真夏には無駄毛がたくさん残っている状態です。また、脱毛中の肌は極端な日焼けは禁止されています。そのため、せっかく楽しい夏の定番の海やプールに行くことが制限されてしまいます。
無駄毛の自己処理の回数を減らし、海やプールを楽しむためには夏前の秋や冬から脱毛を開始することが大切です。

春・夏は繁忙期で予約が取りづらい

秋・冬は長袖を着用してるため無駄毛に関して注意がいかなくなり、無駄毛処理がおろそかになりがちです。夏先になると少しづつ半袖を着用するため、その時にやっと「あ!脱毛しなきゃ!」と気づくことが大半です。そのため、脱毛サロンの繁忙期は春・夏頃となるためその時期は予約が取りづらくなります。
脱毛したいのに希望の日付で予約が取れないと毛が少なくなる時期が先延ばしになります。
脱毛の効果をしっかりと得るためにも一定の間隔で施術することが大切です。

秋・冬から開始すると夏には無駄毛が少なくなっている!

脱毛は2、3回施術しただけでは効果は見られません。脱毛サロンでは最低でも4~5回、医療脱毛は効果が強い為2~3回で効果が表れると言われています。
施術するタイミングは「毛周期」に合わせて行っており「毛周期」は「成長期」「退行期」「休止期」の3つの周期にわかれています。光脱毛・レーザー脱毛は「成長期」の毛にのみ反応するため、表面に出ているムダ毛の15~20%しか反応せず、一回で脱毛できる量は限られてます。
「退行期」「休止期」だった毛が2か月後に「成長期」となるため脱毛するスパンは大体2~3か月に一回となります。
春に脱毛を始めても効果が薄いのは施術した回数が少ないためです。
夏に向けて少しでも無駄毛を無くておきたい方は冬よりも秋!
早めに脱毛を開始することをおすすめします。

秋・冬の方がキャンペーンが多い

春・夏はサロン側でも繁忙期の為、キャンペーンなどしなくてもお客さんが入り繁忙期になります。サロン側でも無駄毛の処理がおろそかになる時期の秋・冬にも集客したいため、キャンペーンなどを行っていることが多いです。
予約が取れやすい、施術料が安いならお客さんにとってもメリットが多いですよね。
 
出典:https://news.so-net.ne.jp/article/detail/1872578/?nv=c_article_related_text

増加傾向にある小中学生の永久脱毛 メリットだけではなくデメリットがあることも理解しておくべき

レーザー脱毛の低年齢化・小学校高学年も珍しくない永久脱毛

レーザーによる永久脱毛は、成人もしくは成人に近い年齢から受けられる方が多いです。

しかし小学生でも、高学年くらいの年齢のお子さんが、すねなど毛が濃い部分の脱毛処理を希望し、親御さんと来院されることは稀ではありません。最近は美容意識の高まりもあるのか、脱毛レーザーでの施術を希望される方の低年齢化が進んでいます。

体毛の濃さには個人差があります。
特に、人から見えやすい部分である、腕やすねなどの体毛が濃い場合、コンプレックスに感じてしまいやすいようです。

本人にとっては深刻な悩みになっていることも多いので、もし小中学生のお子さんから相談を受けた場合も、「気にしなくていいよ」で片付けてしまうのではなく、解決策を一緒に考えてあげていただければと思います。

 

永久脱毛は子どもでも受けられる? 脱毛の種類とコストの目安

皮膚科や脱毛専門クリニックで行っている脱毛も、医学的には子どもでも受けることができます。しかしクリニックによって年齢制限を設けている場合もあるので、受診される場合は事前に確認しましょう。

脱毛の種類は、「レーザー脱毛」と「光脱毛」の2つに大きく分けられます。レーザー脱毛は通常クリニックでしか行うことができません。光脱毛はエステで行っていることもあります。レーザーの方がより深くしっかりとした脱毛治療ができますのでおすすめです。

値段は、通常レーザー脱毛の方が高くなります。コストは部位の広さやクリニックによってまちまちですので、ウェブなどで事前にチェックするようにしましょう。脱毛レーザーは機械が同じであれば基本的性能は同じですが、施術者が処置に慣れているかどうかで、打ち漏れの有無など結果に差が出ます。脱毛レーザーに慣れているクリニックを選択するのがいいでしょう。

部位により間隔や回数は異なりますが、1~2カ月間隔で最低5回程度はかかります。毛の密度が濃い部分ほど必要な回数は増えます。また、永久脱毛とはいうものの、施術部位の毛を100%除去することはまず不可能です。8~9割の毛が生えなくなるのが永久脱毛と考えておきましょう。

 

レーザー脱毛の痛み・リスクと注意点

レーザー脱毛には、どうしても痛みが伴います。痛みはレーザーの種類によりかなり差がありますし、痛みの感じ方も人それぞれです。子どもの場合は痛みに耐えられないケースもあります。痛みを強く感じてしまう場合には、塗り麻酔をしてからレーザーを当てることもあります。

他にも、稀ですが、レーザー脱毛は火傷のリスクがゼロではなく、また、レーザーを行ってしばらくの間はニキビができやすくなるといったリスクやデメリットもないわけではありません。しかし多くの場合は安全に施術を行えます。
 
出典:https://this.kiji.is/577120947425412193?c=44341039600582657

脱毛効果だけでなく美肌効果も抜群な金の糸脱毛を試してみては?

糸脱毛は台湾や韓国、ベトナムやインドで古くから行われていた脱毛方法
その種類や方法は様々、最近では欧米での人気も。オーストラリアやニューヨークでもここ数年『スレッディング』と呼ばれ糸脱毛専門店も急激に増えています。
数種類の糸を駆使して長さや太さの違う産毛を絡めて脱毛するという方法です。

Aione total beautyでは、100%コットン糸に24金を蒸着させたAphrosオリジナルの金の糸で、ボディやお顔の産毛を処理し、古い角質を除去します。お肌のくすみを解消して毛穴も引き締め、乾燥肌や脂性肌を整えて強く健康な肌へと導いていきます。
出典:http://aione-beauty.com/gold_thread

 

糸脱毛とカミソリとの比較

カミソリでの産毛処理は毎日のように気になり、カミソリ負けで肌トラブルの原因にもなります。糸脱毛は産毛を毛根から抜き、効果が長持ち、肌に与えるダメージも少ないのです。

また、カミソリを繰り返していくと、体の表面に出ている部分だけを除毛しているため毛根自体は元気なまま、どんどん新しい毛が生えてきます。
糸脱毛で産毛を脱毛すると毛根から抜くことが出来、次に生えてくる毛は弱々しい細い毛になろ、お手入れがしやすくなります。

 

糸脱毛のメリット

マッサージ効果

糸を使った糸脱毛は肌に適度な刺激を与えるためにマッサージ効果が!肌への適度な刺激は血行を良くしたり、化粧のりを良くしたりと美容効果が期待できます。

 

リーズナブル!!

レーザー脱毛や光脱毛のような本格的な永久脱毛ほど効果を望まれない方もリーズナブルで気軽にお受け頂ける
お肌は驚くほどのつるっつる感
糸脱毛は顔の脱毛、産毛の脱毛に適しているため顔や産毛をキレイにしたい人にはオススメの脱毛方法です。

 

明るく透明感のある素肌へ

皮膚を傷つけず余分なものを除去することでお肌のトーンがググッとあがり、明るく透明感のある素肌へ。
さらに糸脱毛は皮膚にあるホメオスタシスに働きかけ、角質層にある水分を保持する力を向上させる効果があります。

 

スキンケア効果抜群!

普段のスキンケア効果もグーンと高まり定期的にケアを続けることで乾燥しにくいお肌へとかわっていきます。

♥リフトアップ効果、シワ、たるみに効果的
♥ターンオーバーを早める
♥身体も全身出来る。ブライダルにオススメ
♥3週間つるつる向き卵(旅行前に最適)
♥美肌、美白
♥毛穴汚れに効果的
♥保湿効果
♥脱毛効果で毛が薄くなる
♥毛穴が引き締まる
♥トーンアップ
♥吹き出物改善

Aphrosオリジナル金の糸脱毛はお顔専用に開発された品質高い糸や、美肌に効果的なコラーゲンと24金配合のフェイスパウダーも使用します。
世界一痛くない、世界一効果の高い、世界一美肌効果が実現したAphros オリジナル金の糸脱毛を是非試してみてはいかがでしょうか。

施術がスピーディーで痛みが少ない!医療レーザー脱毛で肌にやさしい脱毛を

ワキの下、脚、腕… と気になるムダ毛。家庭でも脱毛の自己処理は手軽にできます。しかし、カミソリ、毛抜き、脱毛クリーム、脱毛ワックスなどさまざまな方法があるものの、毛穴が化膿したり、かぶれたりするなど肌に負担がかかったり、また、時間がたつと毛が再生してくるなどの問題点があります。そこで、いま、もっとも安心で安全な医療機関のレーザーによる永久脱毛が主流になってきています。

以前、エステサロンや医療機関で行われていた永久脱毛といえば、「電気脱毛」でした。毛穴に細い金属針を差し、高周波や弱い電気を流して毛包を破壊して脱毛するもので、痛みを伴ううえ、長時間かかるというデメリットがありました。それに代わり、現在、医療機関で行われているほとんどの脱毛法は、「レーザー脱毛」。痛みが少なく、肌に負担をかけない、ワキなら平均して全5〜6回で施術が完了するスピーディな脱毛法です。

 

レーザー脱毛を行う前に知っておきたい基礎知識

レーザー脱毛は、1回の施術では終了しません。毛には毛周期と呼ばれる毛の成長サイクルがあり、毛が成長していく「成長期」、毛の成長が止まっている「退行期」、毛が抜け落ちる「休止期」があります。レーザーは黒い色素に反応するため、「成長期」または「退行期」の毛には反応しますが、抜け落ちてしまっている「休止期」の毛には反応できません。つまり、レーザー照射後でも、しばらくすると「休止期」だった毛は、成長が始まるのです。そこで、脱毛したい部分の毛をすべて生えてこないようにするためには、毛周期に合わせて、数回のレーザー照射を繰り返す必要があります。そのベストサイクルといわれているのが、4〜6週間おきに5~6回(平均的に)なのです。

 

千葉きぼーるクリニックで行なっているダイオードレーザー脱毛のメリット

医療機関でのレーザー脱毛にはいろいろな種類がありますが、千葉きぼーるクリニックで行うのは「ダイオードレーザー脱毛法」です。

Merit.1

痛みが少ない(輪ゴムではじかれた程度の感覚)

Merit.2

細い毛から濃い毛まで確実に毛包に作用するので、毛が生えにくくなる。

Merit.3

1本1本脱毛するのではなく、脱毛したい部分にレーザーを照射するので、1回当たり両ワキなら10分程度とスピーディ。

Merit.4

脱毛完了には、毛質、毛量、肌質など個人差がありますが、毛周期のサイクルに合わせて、たとえば両ワキなら4週間おきに平均的に5〜6回程度。

Merit.5

ダイオードレーザーは毛根だけに作用するので、周辺組織にダメージを与えることなく、脱毛後は、毛穴が目立たなくなり、肌のキメが整う。

出典:https://www.josn.jp/chiba/keisei/p_laser.html

VIO脱毛をすることは身だしなみの一つとして普通のことになってきている

海外では、多くの人がアンダーヘアの処理をしています。なぜなら、海外ではアンダーヘアの処理をしていないと不潔だというイメージが強いからです。

日本ではアンダーヘアの処理をしていないからと行って不潔であるというイメージはあまりないですが、実は最近日本でも欧米の影響を受けてVIOを脱毛する人口が増えてきています。

特に、日本では20代〜30代を中心に人気があります。その理由の多くは、毛のはみ出しを気にする事なく水着や下着を綺麗に着こなすことが出来るからです。

日本では多くの方がアンダーヘアの処理というと少し恥ずかしさを感じてしまうようですが、最近は20代から30代を中心に、身だしなみの一つとしてVIO脱毛をするのが普通になってきています。

 

VIO脱毛は事前処理が必要?おすすめは全剃り!


サロンやクリニックでVIO脱毛を予約すると、「事前に自宅で剃ってきてください」と言われることがほとんど。しかし、事前処理といってもどこまで剃ったらいいのかよくわかりませんよね。

Vラインだけの施術予約であれば、下着から毛がはみ出ないように事前処理をしましょう。気持ち広めに処理しておくと、後からシェービング代を請求されることはありませんよ。

大手ミュゼなどの脱毛サロンでは、Vラインの範囲が明確になるように、プラスチックのプレートを配布してくれます。

また、VIO全ての施術予約であれば、事前に全ての毛を剃ってパイパンにしていく必要があります。

特に、最初の2~3回は全剃りして全体の毛量を減らし、4~5回目でデザインを整えるのが一般的です。

 

VIO脱毛の事前処理で気をつけてほしい3つのポイント


出典:https://datsumou.love/column/useful/flow/vio-preparation/

1.事前処理は2~3日前までに

VIOの事前処理は2~3日前に行うのがベスト!なぜなら、当日に処理を回すとうっかり剃り忘れてしまったり肌を傷つけてしまうから。

全く処理をせずに施術を受けに行くと、追加でシェービング代をとられることがほとんど。「剃り忘れがあるので○○円になります」と言われてしまうとショックですよね。

また、VIOは目視で確認しづらい部分のため、事前処理にどうしても時間がかかってしまいます。当日慌てて処理をするとうっかり肌を傷つけてしまう可能性大!

余裕をもって2~3日前に事前処理をしておくことをおすすめします。

 

2.毛抜きで事前処理をしない

VIOだけでなく、毛抜きを使ってムダ毛の事前処理をするのは絶対にNGです。

なぜなら、脱毛はレーザーをあててムダ毛の毛根部分を破壊するため、そもそも毛抜きを使って毛根から引っこ抜くと脱毛効果がなくなってしまうんです。

また、毛抜きで毛を抜くことで「埋没毛」といって、毛が皮膚の表面に出てこず皮膚の中で成長する現象が起こりやすくなります。

さらに、毛抜きでの事前処理は黒ずみや赤みの原因にもなるので気をつけましょう。

 

3.カミソリで事前処理をしない

カミソリで事前処理をしてしまうと肌を傷つけてしまうため、できるだけ使用を控えましょう。

脱毛サロンやクリニックでも、事前処理は電気シェーバーが推奨されています。

刃が直接肌にあたらないようにできているので、肌へのダメージを最小限に抑えることができますよ。

VIOラインのムダ毛はしっかり処理しておくべき!正しい自己処理方法を確認しておきましょう

水着なども露出する部分が多くなっているため、現代の女性はVIOラインの処理をしっかり行う方が多くなっています。また女性ばかりではなく、男性も毛深すぎるのを嫌い、VIOラインの処理を行っている方が多いのです。水着を着用する時、またスポーツシーンでもVIOラインが気になることもあります。そんなとき恥ずかしいことにならないように、しっかり処理しておくべき個所です。

 

VIOラインの自己処理のやり方

VIOラインの処理は、クリニックで行うレーザーによる脱毛処理や、エステで行う光脱毛、フラッシュ脱毛、それに電気ハリを利用する針脱毛、ニードル脱毛があります。何れも費用が掛かりますし、時間も期間もかかる方法です。そんな時間も費用もかけたくないという人、また緊急で処理したいという人などは自分で処理されることもあります。

 

シェーバーとクリームを用意


出典:https://feely.jp/4529751/

いきなりシェーバーを利用するのはお肌によくないので、なるべく刺激を少なくするために、クリームなどすべりがよくなるモノを準備する事が必要です。お風呂で行う場合医は、クリームなどなくても石けんやボディシャンプーがあれば自己処理できます。クリームのほかにジェルなども販売されていますので、好きなものを準備しておくと便利です。

 

丁寧にカット&剃る


むだ毛にかなり長さがあるという場合には、まず短くはさみでカットしておきます。こうすることで剃りやすくなるのです。カットするときにはお肉を挟まないように十分注意が必要です。またカミソリなどを利用する場合、T字の方が安心して利用できます。T字の場合、間違って横に動かしてしまっても、肌がきれないように安全策が施されているのです。

特に不器用さんは皮膚を傷つける可能性もあるので、なるべく簡単に利用できるもの、安全性の高いものを選択し利用するようにします。はさみでカットした部分にクリーム、ジェルなどをつけて丁寧にゆっくり剃ることがコツです。

 

形を整えて完成

VIOラインの場合、すべてを剃るという人よりも形を残す方が多くなります。どのような形にするのか、あらかじめ考えておくべきです。その上で形以外の周囲の毛を剃ってから、丁寧に形を整えていきますVIOラインの形は逆三角形にする方が多いようですが、細長く長方形に近い形に整える方もいるようです。

 

週に1度程度行う


VIOラインを自己処理する場合、1週間に1度くらいの頻度で行います。アンダーヘアはかなり固く形もうねっているので、切り口がどうしても鋭角です。そのため、アンダーヘアの濃さ、また太さによって伸びてくるとかなり目立つこともあります。状態によって剃っていくことも必要となりますが、剃り過ぎると肌の摩擦が多くなり負担を掛けることになるので、出来れば1週間程度開けて処理する事が望ましいのです。

濃くて太いという人の場合、剃ってもぶつぶつと切り口が目立つこともあるので、この場合、やはりプロの方に手入れしてもらう、またそのほかの方法で処理を考える方がいいと思います。脱毛も最近はかなりリーズナブルに利用できるようになっていますので、プロに処理してもらう方も多くなっているのです。

全身脱毛は「価格」だけで検討してはダメ!期間や支払い方法など細かい部分にも目を通して

全身を脱毛するのにどこのサロンが良いのでしょうか?『価格』だけで検討しがちだけど、『施術部位の範囲』と『終了までの期間』と『支払い方法』にも注目しましょう。

 

自分のお財布事情に合ったサロンを選ぶ

脱毛サロンには安いけど分割払いのようになっているサロンもあれば習い事の月謝のように月額制のものもきちんとあるし、お財布事情は本人にしかわかりませんよね。分割でも今のお財布事情だと月々の支払いが安いほうがいいって人もいますよね。

 

トータルで考えると一番安い!STLASSH(ストラッシュ)


出典:http://www.standingupfornhfamilies.org/

STLASSH(ストラッシュ)は月額制でSHR方式を導入しているサロンなので施術時間が短く、毛のサイクルに合わせた来店をする必要がなく毎月予約が取れるので最短で半年で施術を受け終わることが可能です。
また、月々払いではないので辞めたい時に辞められるのもメリットです。
目に映った安い数字ではなく、トータルで考えると一番安く、早く全身脱毛を受けられて効果が得られるサロンです。

月額制を選択すると別途、シェービング代支払うことがありますが、他の追加料金は一切なしです。

また、回数制の6回パックが103,420円(税込)や他に10回・12回・18回・無制限のプランがあり、お得なキャンペーンをつかえば、通常価格よりもお得な料金で施術を受けることが可能です。

パックプランはシェービング代が無料です。
他にパーツ別の脱毛も用意されています。
学割・のりかえ割・ペア割等も用意されています。

SHR方式のフラッシュ脱毛を導入しているため、痛みもなく、日焼けや地黒も問題なく施術ができるのとうぶ毛に効果ありなところが嬉しい限りです。

思い込みによる自己流は禁物!花嫁のムダ毛問題

産毛だし目立たないでしょ、いつも自分でケアしているし大丈夫でしょ、と思っている花嫁さん!“花嫁の毛”には、意外な盲点があるんです。
自分ではケアしきれない部分があったり、処理のタイミングを誤って当日後悔してしまうことも……。先輩花嫁さんの“毛”にまつわる失敗談を基に、正しいケアを知っておきましょう。
 

思い込み その1

 

「自分でやれば十分でしょ?」


自分で毛のケアをしたことがない人はもちろん、普段から自分で毛のケアをしている人でも、ドレス姿ならではの必要な部分の処理忘れがあることも。サロンでプロに相談してシェービングを受けるのがおすすめだけど、自分でやる場合は届かない部分のそり残しと処理後の肌のケアに気を付けて。刃物の取り扱いにもご注意を。

<専門家に聞く>

♦自宅でのケアは、正しい方法でトラブルを防いで

「自宅でケアする場合、お風呂上がりに少し肌を冷やすと毛がしっかり立ってきれいにそれます。
素肌のまま泡でシェーブすると、必要な角質までそぎ落とす恐れがあるので、重めのクリームやローションで毛の周辺を保護しましょう。
また、脇、腕など毛の生え方や体のラインが違うので、部位に合わせてかみそりのサイズを変えるのがおすすめです。
そった後はきれいに拭き取って、刺激を受けた肌をクリームなどで保湿して、乾燥から守りましょう」(赤須医院 赤須玲子先生)

 

思い込み その2

「今がベストタイミングでしょ?」

毛のお手入れが早すぎて挙式当日にうっすら生えてしまっていたり、直前過ぎて肌の赤みが残ったまま当日を迎えたり……。難しいのが処理のタイミング。
でも毛の生える周期は人それぞれで、一概に何日前の処理が良いとは言えないもの。自分にとって最適なタイミングを知るために、1カ月以上前に「お試し」でシェービングをするのがおすすめです。

<専門家に聞く>

♦生え方には個人差あり。「早めのお試し」を

「プロにしっかりそってもらうシェービングは1週間前が目安ですが、毛の生え替わるスピードや毛の濃さには個人差が。
また、ホルモンバランスも重要で、一般的には肌つやが良く安定する生理後だと肌トラブルが起きにくい傾向にあります。
自分のタイミングを知るためにも、肌トラブル防止のためにも、まずは挙式の1カ月以上前にお試しを。仕上がり、肌への影響、毛が再生するまでの日数をチェックして、本番前の処理に臨みましょう」(赤須医院 赤須玲子先生)

 

思い込み その3

「ここまで見てないでしょ?」

ドレス姿で目立つ腕、背中、脇の毛の処理はもちろんだけど、当日意外に露出している部位や写真に撮られる部位に気が付いて、挙式中にソワソワしてしまったという失敗談も。

そんな失敗を防ぐには、自分の花嫁姿を具体的にイメージしておくこと。例えば和装やアップスタイルならうなじや首、深く背中の空いたドレスなら腰のあたりまで念入りにお手入れを。
指輪交換でアップで写真に撮られる指の毛が盲点だったという声も多く届きました。

<当日の応急ケア>

♦それでも挙式当日にムダ毛に気が付いたら?

シェービングの際には、写真を持参するなどドレス姿のイメージをサロンに伝えて施術してもらうと、そり残しなどの失敗がない。それでも当日に生えてきてしまったときのために、さっとケアするためのシェーバーや毛抜きを用意しておくと安心です。毛穴や黒ずみなど気になるところがあれば、当日、担当ヘアメイクさんにボディメイクの相談をしても。

出典:https://zexy.net/article/app000001594/